雪止めがなくても雪が止まる!?

  • 2010/05/05(水) 03:15:19

いつもGWは渋滞情報を見て、うんざりしていましたが、
今回は訳あって、3日間函館へ行ってきました。
(記事は3日間予約投稿していました)

去年も行っているのですが、
改めて、「北海道の家は、関東の家と違うなあ〜」と感じてきました。
外見からしか分かりませんが、違うところは、
・屋根は金属屋根(段葺きか、棒葺き)で瓦はほとんどなく、寄棟もほとんどない
・台風等はあまり来ないので、雨戸もない
・雨どいもない
・塀もない
・庭に木を植えている家も少ない

実際、私の実家はすべて当てはまります。
雪対策のものが多いですが、木はカミさんに言われて今回初めて気が付きました。


そして今回は、妹の家にもお邪魔してきました。
ウチが段葺きにした理由は、ibookさんの屋根屋さんの言葉の影響もありますが、
実際に妹の家など、北海道の家の段葺きを見て決めています。

妹の旦那と話している時に、
「ウチは、こっち側は雪が落ちるようになっていて、
反対側は、家が建つかもしれないので、雪が落ちないようになっているんだよね」

「じゃあ、反対側は雪止めがついているんだね」

「うーん、そうだったかな?」


帰るときに確かめてみようと思って見てみると
 
「雪止めがない!?」
「一見わからないけど、屋根の面によって形が微妙に違ってる」

・雪が止まる方は段がはっきりとして、止まるようになっている
・雪が落ちる方は、段はなだらかになっていて、よく滑るようになっている。
結構勾配がきついので、実際に止まるのか?と思うが止まるのだろう。

熊谷は、雪が積もっても1,2日位で融けてしまうからどっちでもいいんだけど
たまに、積もったときに雨どいが壊れるとイヤなので、付けておきました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

ちょっと変わったものがうれしい?(イーストルーフ通気メタル)

  • 2010/03/01(月) 01:21:25

土曜日に設計士さんから屋根下地材の見積書をもらった。
(分離発注なので、基本は直接私が支払う)

一般的に使われている部材は、材工(材料代と工賃)でお願いするのだが、
特殊な部材は、施工業者も慣れていないし間違うといけないので、材料のみ支給する。
なので、材料支給の見積書には、一般的ではない製品が書かれていることが多い。

見積書をもらって支払う前に、もちろん数量と金額のチェックもするが、
やっぱり楽しいのはその製品を検索すること。


今回登場するものは、
「イーストルーフ通気メタル」です。

鋼板葺き・シングル葺き屋根の悩みを解決
屋根の長寿命に貢献する、
通気層のある透湿性防水屋根下地材

・野地面のカビ・腐れを解消
・野地面全体の通気を確保
・小屋裏温度を低減
・雨音を低減

とあります。

(左)通気メタル、ポリプロピレン不織布3層構造の上に、ポリプロピレンの網状体になっている。
とアウトイン(軒先空気出入口部材)のサンプル品
(メタルと言う名前なのに金属じゃないのはなぜ?)
(右)内側を通気メタル、周りをアウトインというように施工する。

屋根で気になっていたのは、断熱、遮熱とかそういうのは当然のことながら
通気層をとることと、金属屋根ならではの雨音対策

仕様アップにつながりそうだったので、この辺は強くは要望はしていなかったが、
これで、解決してくれたのかな?

この製品と他との比較はどれだけのものかはわからないが、
きっと良いに違いない。


とにかく他の家とちょっと違うものが入っていると、うれしいです。
(思考が単純ですね)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

屋根はガルテクト

  • 2009/12/16(水) 00:32:45

見積もりがたくさんきたので、チェックをはじめた。

屋根については切り妻で勾配は足場不要の最大値である6寸
段葺きで色はモスグリーンを指定しているが、
メーカーとか製品は知らないので特に指定はしていない。

段葺きは水平ラインがはっきりでているのが美しい。
北海道では結構見かけるが、関東では瓦が多くあまり見かけない。



コストダウンのために、普通の鋼板だと思っていたが、
見積もりには「段葺きガルテクト」って書いてある。
早速、ネットで調べる。

断熱材入りなので断熱効果もあり、また遮熱効果もあり、性能も高そうだ。
さっそく、サンプルをもらうことにした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

豪雨が来た

  • 2009/06/14(日) 17:46:35

今日は、一時的に豪雨がやってきた。
幸い家の中にいたので
こどもと「すごいすごい!」といいながら前の家とか裏の家を見たり、
近くの川を見に行ったりした。

屋根とか、樋とかをみていると
裏の家は古い家のせいか、樋も端の部分が壊れていて、横から雨が流れていた。
前の家は陸屋根なのだが、軒天の変なところから水が出てきている。
防水がきちっとしていないと雨漏れがすると聞いたので、それなのか?
もしかしたら、教えてあげたほうがよいかもしれない。
(あとで見てみたら、屋上はなくゆるい勾配の波型の屋根だった)



土曜日も無添加の家の見学に行ったのだが、
無添加の家の屋根は天然石である。(すごくかっこいい)
で、屋根勾配を聞いてみた。
「この屋根勾配は、いくつですか?」
「5寸です」
「5寸は、足場を掛けなくていいぎりぎりのラインですね」
「じつは5寸以上ないとこの屋根はダメなんです」
「一応xxxはしてありますが、ないと、雨が吹き込んだときに、ダメなんですよね」
(xxxは忘れた)

以前に設計してもらった案では、
・シンプルな切妻屋根が好き
・複雑な屋根も雨漏りが心配
なので、私の強い希望で切妻の8寸勾配にしたが
「これなら、まず雨漏りの心配はないですね」
と設計士さんが言ったのを覚えている。


今後は、温暖化で豪雨も多いだろうから、
この辺も気をつけないといけないかも...

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

8寸勾配でいく

  • 2008/11/24(月) 00:00:00

昨日、打ち合わせがあった。
メールでお願いしていた6寸勾配の模型を作ってきてくれたのだが
やっぱり8寸と比べると、ちょっと物足りない。


(上)6寸勾配、(下)8寸勾配

足場は新築時には当然必要なのだが、メンテナンス時も当然必要だ。
でも、
・足場は+5万円くらい
・屋根はガルバリウムの段葺きにするので20年は大丈夫
・アンテナはフレッツTVにするので必要なし
なので、足場の5万円と面積が20%くらい増える位
かみさんも許容範囲内らしい

また、ネットで見ると、5.5寸以上は足場を掛けるとか、
6寸だとちょっと怖いとか、そういうのを見ると
6寸ぎりぎりで足場を掛けないで怪我をされるよりも、
8寸でしっかり足場を掛けて安全に仕事をしてくれたほうが気分的にも良い


「8寸勾配でお願いします」

というわけで、いろいろ迷ったが8寸勾配で行くことにした。
美しい屋根を見たいのだ。
あとで、自分への不満も残らないし。



しかーし!ここで、8寸にしたことで、新たな問題が!

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

屋根の模型がキターーーー

  • 2008/11/19(水) 19:30:24

屋根の模型がキターーーーー!

ダンボールを受け取ると、ふつうのみかん箱の半分くらいの大きさだ。
あけてみると、今までとは違い、
1/25サイズ?のかわいいやつが4つ入っている。
ミニサイズのチョコレートとかが、かわいいが、そんな感じだ。

・(1)切妻(横)勾配8寸(左上)、(2)差し掛け(右上)
・(3)切妻(縦)(左下)、      (4)切妻(横)勾配4寸(右下)

ちなみに、切妻(横)とか切妻(縦)というのは、マイホームデザイナーで使っている用語なので、
てっきり標準的に使われていると思っていたが、そうでもないようだ。


見てみると、どれでもそれなりにいい。
私の最近の好みからすると(1)だが、
勾配が急なので、足場を掛けなければならない
(メンテナンス時も同じ)

(2)もあまりほかにはないデザインなので、
ほかと一緒はイヤ!」というわが夫婦にはいいかな?

(3)もいままでのデザインを踏襲しているが、
これも、わるくない。いままでこればっかり見てるからすこし飽きてきた?
ってことは、飽きる?、それとも私が飽きっぽいだけ?

(4)は(1)と比べてしまうと、うーんなのだが、
4寸勾配なので、足場を掛けなくてよいというメリットがある。


かみさんの意見は、
(1)でもいいが、コストアップならダメ
(2)も変わってていいらしい(複雑なのは嫌いって言ってたくせに?)
(3)もいい
(4)でもいい
らしい、つまりどれでもいいらしい。(どうでもいいという意味ではない)

屋根の勾配を急にすると、やはり洋風な感じになる。
面積比も4寸の場合を1とすると、8寸の場合、約1.2となる。
つまり2割増+足場設置費の分割高になるのだろうか?
ちなみにexcelでは(10^2*+4^2)^0.5と入力ですね。平方根は1/2乗なので0.5乗です。


また、足場を掛けなくてもよい上限の勾配は6寸らしい。
ということは、6寸勾配の切妻か?

また、1週間悩みそうだ。

屋根は緑かシルバーか?

  • 2008/09/04(木) 06:00:43

2階建て案で行くと決まったとき、
必然的に、屋根も切り妻になった。

屋根の色については、緑がいいと思っているが
かみさんは、「緑はコケが生えているみたいだし〜」、
また、かわいらしい感じは好みではないようだ。

なんとかしてかみさんの説得にかかる。

白い模型に、緑の折り紙をのせて
「どう?、いい感じじゃない?」
と見せてみる。反応はいまいちだ。

「緑の屋根 白い壁」などでググって見る。
あまりヒットしないが、ないことはない。
でもいいよ、やっぱり

設計士さんにも「屋根は緑を考えているですが、どうですかね?」
「緑は合いますよ」って言ってくれた。
百人力だ。

「青はどうですか?」
「青は、難しいですよ」
青は好きな色だが、これでなくなった。

また、ちょっと気になっていた色も聞いてみる。
「シルバーはどうですかね?」
「シルバーも白には合いますよ」
かみさんも、「シルバー、いいじゃない!」

だんだん、シルバーに傾いてきた。
シルバーでいくかあ?

まぶしくて隣からクレーム来なきゃいいけど。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

屋根(3)

  • 2008/08/12(火) 00:25:25

11日まで函館に帰省していた。

函館の屋根を見てみると、
金属系屋根が多いような気がした。
「それしか扱っておりません。ほかは特注になります。」
みたいなほど、カラーベストとか瓦というのは見当たらない。

一文字葺きは、あまり埼玉では見かけなかったので
評価しようがなかったのだが、
きれいに葺かれていると結構カッコいい。
濃い青系の色なんかシャープでとても好みだ。
惚れてしまった。

それを聞いてかみさんが、
「やっぱり、緑はやめて青にしたほうがいいんじゃない?」
かみさんは、メルヘンチックになるから、
あまり、緑にはしたくないようだ。
私も、もともと、ミッドナイトブルーがいいと思っていたし、
今でもそう思っているが、簡単に緑を覆すわけにもいかないので、
「決めるのは、まだ先だから」
とお茶を濁しておく。


帰省しても結構家を見ていたのだが
・屋根は金属屋根が多い
・窓が2重になっている
・やっぱり、樋はほとんどない
・塀もない
・最近は、陸屋根も多い
・雨戸もない
・夕立がない(関係ないけど)

家は気候にあわせて作らなければいけません。
ということが、分かってきたような気がする。


しかし、北海道の夏はよかったなあ〜
昼間は暑くなっても、夕方になると涼しいというのが最高だ。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

屋根(2)

  • 2008/07/27(日) 23:19:24

屋根の色だが、黒っぽい色かなあと思っていた。
濃い青系もいいし、でもまだ決めなくても良い。

実家のお義母さんに、「壁が白なら緑がいいんじゃない?」と言われ、
なんだか、緑色の屋根もよさげな気がしてきた。
かみさんは、「苔が生えているみたい」とあんまり乗り気じゃない。
でも実際のところ白い壁なら、何でも合うような気もする。

ネットを探してみるとこんな意見が...
「屋根は迷わず陶器瓦のグリーンです。
緑は黒に比べひときわ垢抜けて見えます。
周りと比べてみてもわかりますよ。」
この意見は、心強い。

屋根はこれを基本とするか?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

樋って必要?

  • 2008/07/24(木) 01:29:51

今日のテーマは樋(とい)だ。

樋は何のためにあるんだろう?
あまり考えもないのに、書いていくと
行き詰りそうな気もするが、書いてみる

樋は、家の美観を損ねる。
だから、できればつけたくない。
葉っぱが詰まるのも、また面倒だ。
(網みたいので詰まらせないようにするのがあるらしいが)
雨が屋根から落ちるしずくも、風情があっていいと思う。


北海道の実家には樋はない。
北海道には、雪が降る。
樋はあっても雪で壊れそうだ。
だから、ないのだと思う。
そういえば、雨戸もないような気がする。
もっとついでに言えば、塀もないような気がする。


やっぱり、行き詰ってしまった。

設計士さんに聞いてみることにしよう。
できれば、つけない方向で考えたい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ