樹脂サイディングもありか?

  • 2009/02/15(日) 00:06:56

外壁は、KMEWの光セラで決まっていたのだが、
設計士さんが見積もってくれたら、チョット高めなので、
減額のために樹脂サイディングはどうか?
ということで、サンプルを送ってもらった。



樹脂サイディングは、日本ではあまり聞かないが、
アメリカ、カナダではサイディングのそれぞれ50%、70%以上のシェアらしい。
特徴をカタログからそのまま引用すると
1.優れた耐久性
2.施工が簡単、シーリング材を必要としません
3.美しい外観
4.手入れが簡単
5.住まいにやさしい環境配慮型商品です


樹脂サイディングの家の実物を見たことがないので、
なんとも言えないのだが、悪くはないと思う。
なんといっても、メンテナンスが不要なのは、私のタイプだ。
デザインが横羽目板のみとなるが、それがいい人は良いと思う。
どうせ、使うのは1種類だし。

カミさんにカタログを見せると、
「私、こういう羽目板のはだめなんだよね〜」
「アメリカ、カナダのような家はペンションみたいでさあ〜」
ペンションへ行くのは好きなくせに....だめらしい。

まだ、これでもいいよっていうレベルならいいんだけど
そうじゃなくて、嫌いな部類に入るらしい

残念ながら、樹脂サイディングは没ということに。

ちなみに価格は、あくまで光セラよりは安いということで、
他と比べると安くはないそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

光触媒ってよさそう〜

  • 2008/11/06(木) 21:46:55

外壁は、サイディングにしようかと思っているが、
それは、光触媒によるところが大きい。
なんてったってこういうのが大好きなのだ。

ここより引用
光触媒とは、一般的に光(紫外線)を浴びることにより、
触媒作用が働き有害物質や臭い・汚れなどを水と炭素に分解し、
無害化すると行った 酸化分解性能 と、
空気中の水素を引き付け外壁やガラスなどに付着した汚れなどの下に水分を入り込ませ、
汚れなどを洗い流しやすくする 親水性能 の2つの作用があります。

KMEWの光セラシリーズは光触媒を使っているので、
汚れが落ちやすく、白い外壁にもおすすめ。

って、謳い文句そのままだが、
白い外壁って雨だれによる汚れが気になっていたが、
これで、白い外壁でも大丈夫のような気がする。

ちなみに、ニチハのマイクロガードもそうかと思っていたら、
独自の技術って書いてあるので、光触媒とは違うらしい。
親水性があれば、汚れは落ちやすいらしい。


考えてみると、光触媒は光セラでなくても
あとからコーティングという方法もあるなあ〜
DIYでできないのだろうか?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

外壁の種類が決まった

  • 2008/09/15(月) 03:13:10

携帯から投稿なのはつらい。。。

土曜日の打ち合わせで、いろいろ決まった
まずは外壁だ。

「外壁は、コーキングが5年くらいで劣化するけどサイディングで白い石を積んだようなやつにします。
白い壁なので、ニチハのマイクロガードかkmewの光セラにします」とお願いした。

理由はデザインと価格です。
光触媒は大いに興味があるし、
これで少し削減だ。

「それなら、軒もあまりださないほうにしましょうか?そのほうが汚れも落ちやすいし。
シャープな外観には合いますよ。
でも、家のためには軒は出したほうがいいんですけどね」
すこし考えてシャープなほうにした。

屋根は、ガルバリウムで長尺を段葺き
で色はxxxxシルバー(xxxxは忘れた)
屋根っててっきりメーカー品を貼っていくのかとおもっていたら
屋根屋さんがかしめるっていうのもありなんですね
いわれてみればテレビで見たことあったな

つづきます

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

外壁

  • 2008/07/30(水) 05:47:20

毎日いろいろな家を見ながら通勤している。
道路を走っていても、家を見ながら走っている。
気になるのは、やっぱり外壁の雨だれだ。

外壁は白にしたい。
が、白はほかの色と比べると、問題があるようだ。
まとめると、
・白は汚れが目立つ
まとめても、まとめなくても、この1点だけだ。


設計士さんは、
「そんなに車の通りも激しくないし、軒を深くすれば大丈夫」とのこと
私もそうであると信じたい。


KMEWの光セラというのもある。
光触媒をコーティングするのも、いいらしい
でも、ネットで見ると100万は下らない。
でも、価値はありそうだ。

ネットでさらにググる。
「つたわんD」という雨だれ防止水切りもよさそうだが、情報がすくねーな。


心の中で、決めた
「KMEWの光セラで行く。15mmのひより柄だ」
でも、やっぱり設計士さんに聞いてみよう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ