柱状改良は必要そうだ

  • 2009/05/05(火) 10:05:13

近くで土地の売り出しでイベントをやっていたので、冷やかしで行ってみた。

アンケートに名前を書いちゃったので、聞いてみる。
「Fホームさんは、坪どのくらいで家は建つのですか?」
「だいたい40万くらいですね」
「それは、本体価格ですか?、それともすべての費用を含めてですか?」
「すべてです」
もちろん、外溝は入っていない。
タマホームじゃないが、結構安い部類に入ると思う。


仕様についてもいろいろ聞いてみる。
断熱材は、ロックウール55mm、天井は75mm、窓はLow-e、オール電化ではない。
土地の売り出しのイベントなので、あまり家についての情報はなく、
担当者も詳しそうではなかったので、これ以上あまり突っ込まなかった。
ぜひとも、一度ショールームへ来ていただきたい。ということで。


また、地盤改良についても聞いてみる。
というのは、「この周りで地盤改良したという話は聞いていない」
と母から聞いていたからだ。
でも、それは10年以上前だから、住宅瑕疵担保履行法もなかった時代
いまは、業者も安全策をとるので、改良するのではないかと思う。

「このへんの土地は、地盤改良は必要ですか?」
「必要ですね。この前も、xx町のあたりをやりましたが、この辺は大体必要ですね」
「やっぱ、もともと川がうねっていた土地だからですかね?」
「で、表層改良ですか?」
「表層だけではダメで、柱状改良が必要ですね」
「そうすると、たとえば40坪の家の場合どのくらいですか?」
「80万円くらいですかね」

やはり、この辺は地盤改良が必要だということがわかった。
9月に調査したときも、柱状改良が必要と言っていたし、
その分は別途必要だ。
でも、前のところよりすこし高いな(でも、こんなもんか)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

待ってたよー地盤調査結果

  • 2008/10/06(月) 00:00:28

待ってたものがきました。

地盤調査の結果です。

明細は次回打ち合わせ時にくれるらしいが、
「4mまでは粘性土、N=3.8、12mまで砂混じりシルト、N=3.4〜9.0、
不同沈下の可能性のある地盤。
基礎設計については、不同沈下を避けるために何らかの補強が必要」
と書いてある。


100%のダメだしがあったので、期待はしていませんでしたが、
そうですか、やっぱだめですか
って感じです。

結局、安く上がる表層改良ではダメで、
径の太い柱状改良がよいとのこと
見積りもいただいたらしく、50万くらいらしい

でも、当初の予定の半分くらいで済みそうなので
よかった。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

スウェーデン式サウンディング調査の結果

  • 2008/09/24(水) 02:18:05

2つ目は、地質調査だ。

月曜日は、ローンの話もあったのだが、
地質調査の日だった。

前日の雨のせいで水浸しである。
検査はできるのだろうか?
今日を逃すと、きっと見ることはできなくなってしまう。
そう簡単には休めないし。

調査は9時からだ、8時過ぎに外を見てみると、
さすが建設業、朝は早い、もうすでに来ているではないか。
10分前に設計士さんも来た。
ぬかるんではいるが、早速始まる。

スウェーデン式サウンディング調査は100kgの重さの錘(おもり)を
錐(きり)に載せて10mまで沈み具合を測るらしい。

↑こんな道具を使う。後ろは川ではありませんよ

錘を4つ載せると、「ずん」って感じで、いきなり下まで入って行く。
つないでは、ずん、つないでは、ずんって感じで
何本もつないでいるうちに、一体何mくらい入ったかわかんなくなってしまった。



だめそうだな、こりゃ。
一本目で観念する。が一応聞いてみる。
「けっこう、やわらかいですね」

全部が終わったところで、
業者さんに結果を聞いてみる。
数値はよくわからなかったが、
12mまであまり抵抗がなく進んだようだ。

あとで設計士さんに
「やっぱり、改良は必要でしょうか?」
「100%必要ですね」


....



覚悟はしていたけどさ


そして、おそるおそる聞いてみる。
「もしかして、概算の100万を超えることは、あるんでしょうか?」
「ビルを建てるわけではないので、大丈夫です」

あ〜よかった。


というわけで、
柱状改良なのか、表層改良なのか
今の段階ではわかりませんが、
約100万円の費用はやっぱり必要でした。
調査結果は一週間くらいで来るそうです。

この辺は、元荒川がくねっている土地なので、
地盤はやっぱり弱いのかな?


↑これは、抜くときの作業風景です。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

100万円の勝負をかける!?

  • 2008/09/20(土) 00:07:03

ついに地質調査の日が決まった。22日(月)だ。

「えー、まだやってないの?」
って声も聞こえてきそうだが、
5箇所を試験するらしく、家の4隅と中心をするんじゃないかと、
そうすると、間取りもある程度は決まっていなくちゃならない?
また、土地については二転三転しているので、
この時期になったのだと思う。


ところで、かみさんが、ボーリングって言っちゃったから、
その言葉に子どもたちが即座に反応!
「え、ボウリングするの?、いついつ?、ほくもやりたーい!」
いちいち説明するのが大変。
ちなみにボーリングはboringって書くんですね。(今調べて知った)

実際に行うのは、そんな大掛かりなものではなくて
普通の「スウェーデン式サウンディング試験」です
この調査により、N値10以下の層の有無と、
また、不同沈下の有無も比較的容易にわかるらしい。
所要時間は2時間ほどみたいだ。
soundingって深さを測るって意味もあるんですね。

ところで、N値とは、
「鉄パイプを一定の深さに打ち込むためにたたく回数」
らしい
なんかおもしろい指標だ。


建築予定地は去年までは水田だったが、
その前は竹林だったようだ。
これを強いと見るか、弱いと見るか
どう判断してよいのかわからないが、
あまり、期待するとショックが大きいので
「少し弱いのかな?」
と低めの予想をしておく。

一応、地質改良の予算は約100万円見込んでいるので、

月曜日は100万円の勝負だ!

でも、その日のうちに答えはでるのだろうか?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

土盛りしなきゃ!

  • 2008/09/01(月) 00:00:00

ここ2、3日はすごい豪雨だった。
テレビでも、朝から豪雨のことばっかりだ。

建築予定地を見たら、
完全に冠水している」ではないか!
もともと水田だったのだから、道路よりも少し低いわけだ。

以前から、
「ここは少し低いから、土盛りが必要なんじゃないの?」
って、お義母さんから言われてたのだが、
どうせ、基礎を掘るときに余った土を
お金を払って捨てるんだから、それを使えばいいと思っていた。

設計士さんに聞いてみたら、
「周りに盛るほどの、土は出ませんよ」
とのこと

やっぱ、お金はかかるけど、土盛りするかあ!?
でも、土盛りより、酒盛りのほうが、ええなあ〜


せっかく実家へ行ったのに、写真撮り忘れた...


↑写真がないので、旅行の時に撮った気に入った家です



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

基礎

  • 2008/08/11(月) 21:19:23

基礎の断熱は、外張り断熱とセットだと思っていたので、
充填断熱の場合、床下断熱だと思っていた。
どうやら、この認識は誤りだったようである。
別に、充填断熱で基礎断熱をしても問題ないようだ。

基礎断熱にすると、床下は室内である。
ということは、収納も可能なはずだ。

でも、高々40cmのところへ収納してもたいしたことないし、
出し入れが面倒なので結局使われない。
という話も、本で読んだ。

だが、これが1m以上の場合だと話はまた別のような気がする。
大収納にできるのではないか?
まだ設計段階だが、基礎高60cm+スキップフロア54cmあるので
わが家の片付けが下手な2人でも使い切れないほどの
「大収納」ができるような気がする。


実を言うと、基礎高を60cmにした本当の理由は、収納のためではない。
シロアリ対策だ。
シロアリで有名な?ページであるここを見ると、不安になってくるが、
シロアリに対処できる家であれば何とかなりそうだ。
そこで、床下を60cmにして、
容易に床下へ入れるようにしてもらうのだ。


おまけだが、
これで、床下エアコンもできそうだし、
こどもたちが秘密基地を作るかも知れない。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ