艦橋の家

  • 2009/10/11(日) 08:38:58

10月9日の「建もの探訪」を見た。


ん?

この家は見たことある。
というより、知っている。


富士見川越道路の近くにあり、
不思議な感じの家なので、
「この家、変わっているよね〜」
「どうなっているんだろうね?」
「中を見てみたいよね〜」
って言ってた家だ。
しっかりと写真まで撮っていた。


見ると、中は想像以上にすごい
実験的で、いろいろな素材を使っているようだ。
利用できるものは何でも利用する。
省くところは省く。
とにかく、建築士の自邸ならではの家だ。

偏光ガラスのスリット窓とか、
格子の窓つき耐震壁とか、
可能なら、私の家にも取り入れたい。


自分で造作している部分もあるし、
高級とかそういう類のものではないので
坪単価は45万円らしい。

ちなみにタイトルの「艦橋の家」とは、
建築士のHPから引用です。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

そしてローンだけが残った

  • 2009/05/31(日) 07:29:37

5/27日のクローズアップ現代を見た。
タイトルは「そして、ローンだけが残った」である。

全国で住宅メーカーの経営破綻が相次ぎ、
マイホーム建築中の人々に被害が拡大している。
注文住宅の建築では多くの場合、建築主が多額の建築費を前払いしているが、
建売住宅やマンションなどのように前払い金を救済する法律が整っていない。
このため、払った金は戻らず、残されるのはローンと家の土台や骨組み、
まだ更地というケースも続出しているらしい。

以前にマンションを買ったときは、5%の申込金は払ったが、
残りについては、カギの引渡し時に、
不動産会社の本社でハンコ突き回った覚えがある。
(お金を支払ったという感覚はあまりなかった)

注文住宅では一般的に契約時、着手時、上棟時、引渡時に
1割、3割、3割、3割を支払うという商習慣があるらしい。
建築期間が長いので、中小企業の場合、これは致し方ない。
今回、アーバンエステートでの被害が大きかったのは、
値引きをすることによって前払いさせたことが大きい。

実は、私も注文住宅を検討したときに、「アーバンエステート」を
検討したことがある。
この会社の謳い文句は
・248000円/坪
・桧4.5寸
・60年保障
・オール電化
・インターネットで現場を見れる
・モデルハウスは持たないで、実際に住んでいる家を見せてくれる。
などだが、これだけを見ると何気によさそうな気がする。

被害にあわなくて済んだのは、「2ch」のおかげかもしれない。
アーバンエステートのスレを見ると、
施主側の意見はあまりなかったが、業者側から見て、
あまり良い会社ではないということをと感じていたし。
ついでにいうと、ソーラーサーキットのT建設のクレゾール事件も知ることができた。
(会社・職業>建設住宅業界)
もちろん、玉石混合だが、情報は多いほうが良い。


オープンシステムによる分離発注の場合、
支払いは面倒だが、すべてが各業者の出来高払いになるので、
前払いというリスクは避けられる。
(ただ、金融機関は分割融資はせいぜい2回くらい。また、保障という面のリスクはないでもない)


番組でも言っていたが、家を手に入れる場合
・建築の知識(建築士)
・金融の知識(ファイナンシャルプランナー)
・契約の知識(弁護士)
が必要だが、
それぞれをそれをトータルでアドバイスしてくれるシステムが
あればいいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ドリームハウスより平凡な家がイイ

  • 2009/01/12(月) 01:06:15

ドリームハウスを見た!
今回はどれも鎌倉の絶景の家だ。

1件目の崖の3世帯の家はどこへいったあ〜
基礎もできないまま何の予告もなしに、終わったぞ!
次回なのか?


2件目?は、なんとしてでも鎌倉に住みたいらしいが、
土地代が133坪で70坪しか平地がなくあとは崖
それで3957万円、さすが鎌倉!
で、建築費が1650万円って....
全部で5967万円ってことは、設計料は360万円ってことか

そんなに、土地にお金をかけるなら、
家にかけたほうが良いと思うが、
そこまでしても、鎌倉に住みたいのだろう。

3000万あれば、ローコストじゃないいい家も建つのだが
まあ、人それぞれということだ。


3件目は、伝統工法うんぬんの純和風(?)の木造住宅だ。
まあ、これは好みの問題なので、いいとして。
建築費4310万円、土地代3800万円か。
やっぱり、和風の家は高くつくなあ〜


私は、平凡な家でいいです。
(って、充分平凡じゃない気がするが)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

おしゃれ工房もなかなか

  • 2008/09/26(金) 00:45:29

昨日だが、かみさんが
「どう?これ」って録画した番組を見せてくれた。
「おしゃれ工房」というNHKの番組だ。
今回は、上田葉子さんの「光と風がさわやかな鎌倉の家」だ。
(上田葉子さんはキルト作家です。今回はじめて知りました)

NHKなので?「ビフォーアフター」、「ドリームハウス」、
「建もの探訪」のような、斬新さとか奇抜さはないので
逆に好感が持てる。


見ていくと、私のイメージする家とぴったりだ
かみさんも、
「いいよねえー、こんな感じがいい」

って、この前まで「シャープな感じがいい」とか
「ガルバリウムがいい」とか言ってたくせにぃ〜
まあ、いいや


家に入ると、まずは変な?カーテンとレールだ。
プリーツがなく、軽やかな感じだ。
カーテンもレールからクリップで挟んで吊っている。
奥山佳恵も、「洗濯する気になりますよねえ」みたいなことを言っていた。

↑カーテンはクリップで挟んでいるので簡単に取り外しできる


次は天窓だ。天窓といっても、1階の天井につけてある。
ふーん。と思っていたが、あとでその使い方がわかる。


今回、気に入ったのはこれだ。
ニッチに市販の収納を埋め込んでいる。
まるで、造りつけのように見える。

これなら、ほこりもたまらないし、
かみさんも、
「いいんじゃない?」
当然のごとく採用決定!


天窓は取り外し可能で、はずすと2階から1階にキャンパスを
降ろすことができる。
また、俯瞰で眺めたりすることもできるので、これもよい。



ほかにもいろいろ細かなアイデアが満載の家だ。
なので、早速「おしゃれ工房9月号」を買いに行くことにした。


でもなあ、家関係の番組ははずしていなかったと思っていたが、
思わぬところで抜けていた。

NHKあなどるべからず


ちなみに、NHKは契約すると受信料が徴収される。
なので、契約しなければ受信料は......ということです。
うちでは、NHKの視聴割合が多いので払っています。


ところで、以前にも書いたが、
「ビフォーアフター 秋の2時間スペシャル」は今週ですよ。
楽しみですね!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

ドリームハウス(2)

  • 2008/07/11(金) 04:33:46

7/6に観た「ベニヤハウス」はいったいどこなんだろう?

というわけで、googleマップで探索だ。
ビデオを何度も見直してみる。
あまりシンボル的なものはないが、
・道は南北で細い
・また、直前に直角に折れ曲がっている
・後ろの家の屋根は赤
・北側の家も引っ込んでいる
・遠くに緑色のものが見える。ゴルフ練習場か?

こうやって知恵を振り絞って推理するのは、結構楽しい。

もしかしてこの辺か?
特定しない方がいいので、この程度にしておく。
ここなら歩いて15分だ、今度の休みに行ってみることにする。
家を見るより、推理が正しいかどうかのほうが楽しみだ。


ついでに、設計士さんのHPも見てみる。
ベニヤハウスは載ってないって聞いたが、やはり載ってない。
ほかのも見てみる。
ん。M_HOUSEって、我が家では有名な家じゃん。
たしか200坪超の豪邸で、歩いて5分の場所だ。
って事務所を見てみると、歩いて3分じゃねーか!
なんてローカルなんだ!

さらに、ブログも拝見
お、今週の家の事も載っているぞ。

なんと、断熱は入っているらしい。
そうだよな、断熱なしはやっぱりありえない。

みんな、断熱のことが気になるらしく、
質問も多いらしい。

構造用合板の内側に25mmのスタイロフォーム+空気層10mm+
内装のラワン合板5.5mm
外壁はウレタンフォーム15mmの充填されたガルスパンなので、
2重に断熱材が入っているみたいだ。
通常のグラスウール100mmくらいに匹敵する断熱性能が得られる。
屋根も野地板の上にスタイロフォームを入れて、
外断熱をはかっているとのこと。

でも、家建てる前にジープ400万購入はありえんだろ。
せいぜい200万位のにしておけば、床タイルもできたし
ベニヤハウスって呼ばれなかっただろうに

にほんブログ村 住まいブログへ

完成!ドリームハウス

  • 2008/07/07(月) 01:55:14

昨日はお楽しみの「完成!ドリームハウス」の放映日。
今回は、なんと施主がわが町「ふじみ野」だ。
なんと1149万で家を建てるとな
総資金は3000万のうち、土地が8坪で1600万、
諸費用251万、で残りが1149万らしい。
ん?土地は坪200万かよ!たかっ
この前60坪7200万でもっと便利なところに土地が出てたから
やっぱ高すぎ

建設会社の最初の見積もりは1500万。350万オーバーだ。
設計士さんも、コストダウンのためにどんどん仕様を削っていく。
床の仕上げも削除、窓もペアガラスからシングルガラスへ
タイルも削除、しかし要望で広いデッキは削らない。
コストダウンも限界らしく、骨と皮しかないので建設会社へ直接交渉
結局、100万オーバーを建築会社が呑んだ形だ。
きっと、どこかに皺寄せがいくに違いない。

作業が始まると、生コンを手で入れている。
やっぱりなあー
柱などもクレーンではなく、手で上げてたな。
きっとここもコストダウンのために違いない。大変そうだ。

内装は、柱と外に貼った構造用の合板がそのまま見えている。
え?断熱材いれないの?
2Fの床もベニヤ板をそのまま仕上げに使っている。
水周りも仕上げなし?
窓は10万円upでペアガラスにしたみたいだ。
それでも大きな窓なので、冬寒くて夏暑い家になりそうだ。
大丈夫か?
これじゃ、売りたくなっても売れねーぞ


最初はお金がないのだから仕方ないよなーと思ってい見ていたが、
考えてみると3000万なら、同じ街で今私が住んでいるのマンションと
同じ価格じゃん。建売だってあるし、中古だってもっといいように思える。
単にお金の使い方のバランスが悪いだけだ。

でも貯金0円、3000万円全額借り入れなのに
「なぜ家を建てる気になったんだろう?」って考えてみた。
・それも地価が高いふじみ野で
・それも注文住宅で
・それも、切羽つまってない状態で
・でも、PC、TVは買い換えているし


どうしても、理由がわからない。
ぜひ、建てた理由と住んでみたあとの感想をインタビューしてみたい。