銘木階段の見落とし? == 着工93日目 ==

  • 2010/05/01(土) 09:40:07

昨日は設計士さんと現場を見ながら打ち合わせ。
玄関収納のこと、洗面所の幕板のこと、カウンターのことなどを決めた。

そして、銘木階段ことを伝える。
「実は、もう4段くらいが貼られてしまっているんです」

大工さんも交えていろいろ話をしたが、
施工してしまった踏板の順番を変えることはあきらめた。


そしてもう一つ見落とし?
それは、前もって踏板に滑り止めの溝を掘ってもらわなかったこと。

別件で銘木を提供してくれた友人に電話したら、
「先に言ってくれれば、掘ったのに...」

普段、メーカーの階段には当たり前のように溝が掘ってあるが、
設計士さんも、たぶん溝までの設計図は出さなかったのだと思う。

大工さんにお願いしてみる。
「溝って掘れます?」

「この木は硬すぎるのが多くて、(のこぎりとかドリルの)刃が入っていかないんだよな」
結構ネジ山をつぶしたり、刃がダメになったりしたようだ。
失敗した時のリスクを考えて、溝を掘るのもやめることに。


階段らしくなってきました。もう少しです。

階段については、きっとまだ続きます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

さてこれはなんでしょう?

  • 2010/02/14(日) 01:30:51

さて、これはなんでしょう?



ヒントは、
・等間隔
・幅は75cmくらい
・暗いのでよくわからない

ちょっと考えてみてください。









正解はNODA「あかりサポート」の蓄光階段でした。
昨日のジャパン建材フェアで見つけたものです。



階段もありますが、手すり、巾木もあります。
なかなか、面白いです。
製品そのものは買わなくても、蓄光テープさえ用意すれば、
DIYでもなんとかできるかもしれません。(安いし)

実際に見た時は、明るくて良いと思ったのですが、
経過時間が1時間を過ぎると、明るさはグンと減るようです(HP資料より)
問題は、その時に実用になるかどうかですね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村