アキュラホームって

  • 2009/11/05(木) 00:00:28

「アキュラホーム」

なんとなく、タマホームとか、アーバンエステートとかと
同じ部類で見ていたが、
がっちりマンデーを見て考えを改めた。

社長はもともと大工で、TVを見る限りでは、
とことんコスト削減に努めている会社のようだ。

たとえば、大工さんには、大工本来の仕事をしてほしい。
荷物の受け取り、移動、開梱、ダンボールの片付け
などの雑用をさせないために、
一度、別の拠点でほかの人が受け取り、
梱包を解いて、実際に取り付けるタイミングで届ける。

室内ドアは、下がり壁を作ると大工のコストがかかるので、
ドアの面材と同じ面材で下がり壁を作る。
そのほうが見栄えもいいし、コストも下がる。

クローゼットも、部屋を少しでも広く使うために
奥行きも背広がちょうど入るようなサイズにしてある。

もっとたくさん紹介してほしかったが、
コスト削減をするために、とにかくいろいろやっているようだ。
ノウハウも工務店用に525万円で出しているらしい。


ローコストだけでなく、「匠階段」などは技術的にもデザイン的にもすばらしい。

↑どうやって作るんだろう?

今度、見に行こうと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

無印良品 窓の家

  • 2009/10/05(月) 00:58:02

無印良品には、実際に見学した「木の家」のほかに
「窓の家」、「朝の家」というのがあるらしい。

「窓の家」のパンフレットを見ると、

おお、これこれ!
白い切り妻の総2階で、ピクチャーウインドウがあって、
窓が家を演出しているような感じ


ホームページを見ると
「窓の家」が2008年度グッドデザイン金賞を受賞しました。
とある。
デザインとしては美しいけど、軒、庇、霧よけは
きっと必要になると思う。



ところで、ピクチャーウインドウと呼ばれる窓は
なぜカッコ良いのかがやっとわかった。

フレームがほとんどない

なにをいまさら言ってんの?って感じだが
wikiで一度調べて、深く追わなかったところがまずかった。


我が家もまだ間に合うか?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

無印良品 木の家

  • 2009/10/04(日) 00:33:28

無印良品の「木の家」を見てきた。

無印良品の店へ行ったとき、
近くにモデルルームがあることを知ったのだ。


外から見た感じも、いかにも、無印良品らしい家だ。
間仕切りはほとんどなく、
「構造壁も1ヶ所しかありません」
「自由に間取りを変化させることができますので、
将来の家族構成などが変化しても対応できます」
「実際のレールも、自分で取り付けが可能になっています」
などの説明を受ける。

スケルトンインフィルなのか?
自由に間仕切ることができるというのは、非常に共感できる。

「家も育てていくものかもしれない」

と思った。

中にあるファブリックも無印良品のものが使われている。
無印良品が好きな人なら、結構好きになりそうだ。

ただ、できれば標準で床は無垢であってほしかったし、
窓もLow-Eであってほしかった。
もちろん、オプションとすることはできるらしいが


カタログによると
本体価格は、間口×奥行で決まっているらしく、
たとえば、3間×6間で1762万円と書いてある。
含まれるものは
1.構造躯体
2.吹き抜け腰壁
3.階段
4.外断熱
5.外壁(ガルバリウム鋼板)
6.バルコニー
7.浴室
8.システムキッチン
9.玄関ドア
10.トイレ
11.洗面器
12.断熱サッシ

面白いのは、2階は構造的に壁は必要ないので、
間仕切りの壁などもオプションになる。

外張り断熱の割には、シンプルな部分安いような気もするが、
ブランドの分だけ価格が乗っているような感じがする。

やっぱり少し高い?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

最低のモデルハウス見学

  • 2009/07/25(土) 21:47:08

最近、土曜日の朝はチラシをみて完成見学会を探している。
今日は、残念ながら完成見学会はなかった。

でも、こどもたちが、ハウスビルダーのイベントのチラシを見つけて、
「ここ行こう、おとうさん!」

あまり気乗りがしないようなビルダーだったが
「まあ、イベントなら冷やかしにでも行ってみるか」
というわけで、行ってみることに。



10時ころに現地に着いたが、誰もいない。

「ここだよね?」

「チラシと同じ家があるし、ここだよ」

後ろから、「いらっしゃいませ」

「家を見せてもらいに来ました」

ということで、モデルハウスの中へ


中をひととおり見ても、
イベントもやっているような感じでもないし、
客も一人もいない。営業も一人だけ?

何?、何なの?、やる気あるの?、これでもイベントなの?

こどもたちは、イベントでくじを引きたかったらしいが、
とてもそんな感じではない。

お決まりの、高気密高断熱のことを聞いたが、
「大手メーカーも、最近はやっていないそうですよ」
なんて答え。

で、チラシに書いてあった
「大手メーカーの設備コーナーはどこですか?」
と聞いても、
「モデルハウスの中にあったやつです」

えっ?、コーナーじゃないのかい!
イベントは?、チラシに書いてあったドーナツは?
いったい何なの?私たちを騙してるの?

絶句して帰ってきました。

いったいあのチラシはなんだったんだろう?



さらに、あとで、HPで確認したところ、説明してくれた人は、

店長かいっ!



来週、大イベントがあるみたいなので
チラシの日付を間違えて出してしまったのか?

それにしても、お粗末過ぎる....

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スウェーデンハウスからお電話です

  • 2009/02/14(土) 02:36:12

久しぶりにスウェーデンハウスから電話が来た。
むかしお参りしたハウスメーカーは、電話がかかってくるたびに、
「決まりましたので...」
ということで、お断りしているのだが、
スウェーデンハウスはちょっと違ったようだ。

「その後、どうなりましたか?」
「もう、決まりましたので、、、」
「ちなみに、どちらにお決まりでしょうか?」
しつこく聞かれたらしく、仕方なく
「設計事務所にお願いして、分離発注で行くことにしました」
「スウェーデンハウスの仕様で、設計事務所にお願いすることも
可能です」
「クロスなども、xxxx?を使ったものなどもあり、お勧めですので、ぜひご検討ください」
「はあ、検討させていただきます」

私は会社に行っていたので、カミさんが応対したのだが、
きっとこんな感じだったのだろう。
しかし、スウェーデンハウスの仕様で設計事務所に
お願いできるとは思いませんでした。(もちろんお願いはしませんが)


スウェーデンハウスは、家を建てよう!と思ったときに、
最初に行ったハウスメーカーだ。
特徴を聞いたとき、トリプルガラスの木の窓の話から始まり、
坪80万円からだったことは、しっかり覚えている。

何度か案内が来て、なんと軽井沢まで行く見学ツアーみたいのもあった。
もちろん食事もすべて無料だ!
案内される家も、なんとなくセレブっぽい。
ただで、そこまでするのはありがたいが、
その分、結局は施主が負担していることを考えると、
「やっぱ、ハウスメーカーはやめておこう」って思った。


でも、一度行ってみたかったかも?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

住めるようにするには、いくらですか?

  • 2008/11/23(日) 13:04:56

先週、「家作りセミナー」というDVDをいただいた。

その中で、日経ホームビルダーで
「家を建てた人のアンケートで失敗したこと」というのがあり、
上位2つは以下の2つだったそうだ
1位:資金不足
2位:勉強不足

資金不足については、ビルダーの責任も多いという。
というのは、安く見せて契約し、オプションで稼ぐらしい。
オプションもオプションという名目だが、
実際には、オプションがないと住めなかったりする。
大手メーカーでは、大体、400万くらいが普通らしい。

坪単価なんて、あってないようなもの。
いろんな見せ方ができるので、あてにならない。
チラシでも、小さく書かれている言葉が大切。(保険もそうだが)
だいたい、坪単価20万台で家が建つわけがないのだ

実際に、講師がある大手メーカーの住宅展示場で聞いたら、
「坪55万ですね」
これは、50坪想定らしい。
「では、住めるようにしたらいくらですか?」
「60万ですね」
「それは、照明とか、エアコンとか、カーテンとか入っていますか?そういうのも入れたら?」
「あと3万お願いします」
ってことは、2750万が3150万になったことになる。
50坪の家は普通建たないから、もっと坪単価はあがる。

そこで、セミナーで講師が言っていたことは、
坪単価を聞くときは、
「住めるようにするには、いくらですか?」
と聞くのがいいらしい。


また、仮契約でも契約書にハンコ押したら最後なので、
絶対に安易にハンコを押さないこと。
見積もりが全部出て、内容を確認して
わからないことは聞いてから押すことが大切。


でも、そのためには勉強しないとなあ〜
でも、本なんて安いもんだ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

ハウスメーカーとはおさらばじゃ(再)

  • 2008/09/11(木) 00:00:00

ひきつづき、昨年11月ころのお話です。(ちょっと変更したけど)

ハウスメーカーは、莫大な広告、モデルルームなどで
莫大な費用がかかっている。
また、人件費、管理費などの間接的なものも多い。
大手ならではのコストダウンは当然やっていると思うが、
その費用は最終的には、施主が負担している。

あたりまえといえばあたりまえの話だけれど。
でも、少なくともハウスメーカーはやめようと思った。
自分の考えが、営業→設計者→工務店→施工業者まで
スムースに流れるとは思えないし、
だいたい、ブログなどを読んでいると
社員が自分の会社で建てたがらないっていうのは、

絶対にありえない!



そう考えると、地元の工務店がいいのか?
でも、あまりデザインを期待してはいけないような気がする。

最初の工務店は結構感じもよかったし、
また行ってみることにする。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

家を建てるきっかけ

  • 2008/09/10(水) 06:42:21

すみません、ネタ切れなので昔のを再掲載ですm(__)m
昨年10月ころのお話です。

実家のリフォームは大変だということがわかり、
隣にかみさんの妹さんの土地が空いているから、
そこに建てれば?という案が挙がってきた。

という訳で、家を建てることになった。

予算は3000万位かな?となんとなく思った。
4000万だと、この歳では返済がつらい。
2000万だと、普通かそれ未満になりそう。
3000万あれば、まあ豪邸ではないにしろ、結構なものは建つだろう。

早速、近くの住宅展示場に行って見る。
1件目は、スウェーデンハウスだ。
北欧と聞いただけでよさそうな気がするのは、
私だけではないだろう。かみさんもその一人だ。
特徴を聞くと、いきなりトリプルガラス窓のメンテとか、
柱の大きさの話をされる。

ここいいんじゃない?
坪70万くらいらしいのでなんとかなりそうな感じ、
平屋だとどのくらい?って聞いたら、「90万くらいですね」
そういうもんか、仮に40坪だと3600万か、足りないな。


2件目は、ミサワホームだ。選んだ理由はミッフィーだ。
娘が好きだから。なんかもらえるといいな〜 
こんなんでいいんだろうか...
蔵は知っていた。あれはいいと思う。
我が家の片付けが下手な夫婦にはもってこいだ
でも、高気密・高断熱はできるんだろうか?
健康な住宅は可能なのだろうか?
自由度は少なそうな感じがする。


こどもが飽きてきたので、2件が限度。
もっと見たかったけど仕方ない。

このころには、本を毎日のように買いあさり、
図書館でも借りあさり、
ほとんど、高々以外考えられないくらいになっていた。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

ハウスメーカーとはおさらばじゃ

  • 2007/11/07(水) 19:39:59

HMは宣伝、モデルルームでなど莫大な広告費がかかっている。
また、管理費などの間接的なものも多い。
大手ならではのコストダウンは当然やっていると思うが、
その費用は最終的には、誰かが負担しているのだ。

いいたいことは、わかりましたね。それは施主なのです。
あたりまえといえばあたりまえの話だけれど。
そう考えると、地元の工務店がいいのか?
でも、あまりデザインを期待してはいけないような気がする。

でも、少なくともHMはやめようと思った。
だいたい、社員が自分のところで建てたがらないっていうのは、
それを如実に現しているではないか?


最初の工務店は結構感じもよかったし、
また行ってみることにする。






住宅展示場デビュー

  • 2007/11/02(金) 00:54:33

11月に入り、お義父さんの具合があまりよくない。

隣地にかみさんの妹さんの土地が空いているから、
そこに建てれば?という案が挙がってきた。

という訳で、家を建てることになった。

予算は3000万位かな?となんとなく思った。
4000万だと、この歳では返済がつらい。
2000万だと、普通かそれ未満になりそう。
3000万あれば、まあ豪邸ではないにしろ、結構なものは建つだろう。

早速、近くの住宅展示場に行って見る。
1件目は、スウェーデンハウスだ。
北欧と聞いただけでよさそうな気がするのは、
私だけではないだろう。かみさんもその一人だ。
特徴を聞くと、いきなりトリプルガラス窓のメンテとか、
柱の大きさの話をされる。

ここいいんじゃない?
坪70万くらいらしいのでなんとかなりそうな感じ、
平屋だとどのくらい?って聞いたら、「90万くらいですね」
そういうもんか、仮に40坪だと3600万か、足りないな。


2件目は、ミサワホームだ。選んだ理由はミッフィーだ。
娘が好きだから。なんかもらえるといいな〜 
こんなんでいいんだろうか...
蔵は知っていた。あれはいいと思う。
我が家の片付けが下手な夫婦にはもってこいだ
でも、高気密・高断熱はできるんだろうか?
健康な住宅は可能なのだろうか?
自由度は少なそうな感じがする。


こどもが飽きてきたので、2件が限度。
もっと見たかったけど仕方ない。

このころには、本を毎日のように買いあさり、
図書館でも借りあさり、
ほとんど、高々以外考えられないくらいになっていた。