家計にやさしい省エネ家電ランキング

  • 2009/01/31(土) 04:46:19

最近は寒いので、どうしても暖房のことが気になる。

エアコンを調べていると、COPとかAPFとか出てくる。
ものにもよるが、略語がでてきたらできるだけ何の略なのか調べることにしている。
そうしないと忘れてしまうし、間違って覚えてしまうから。
(間違って覚えているのは、知らないより恥ずかしいし)


■COP(エネルギー消費効率):Coefficient Of Performance
1kWの消費電力あたりの能力
エアコンで暖房する場合、[暖房能力÷消費電力]で暖房COPは6.0くらいがトップクラスらしい。
もちろん高いほうがいい。

■APF(通年エネルギー消費効率):Anual Performance Factor
年間を通してある一定条件のもとにエアコンを使用したときの、
1年間に必要な冷暖房能力をエアコンの消費電力で割ったもの。
高くて6.8くらい。
これも、もちろん高いほうがいい。
[1年間に必要な冷暖房能力÷1年間でエアコンが消費する電力量]


もっと簡単に言えば、車で言うところの、
COPはカタログ上での燃費で、APFは実際の燃費といった感じか?


で、エアコンは当然ながらこれらをに選定していこうと思っている。
で、見つけたのがこれ。

省エネ性能カタログ2008年冬版



「2008年冬版」ということは、きっと夏版もあるので、少なくとも半年に1度は更新されている。

「家計にやさしい省エネ家電ランキング」と副題がついていて、
エアコン版の中身を見ると、2.2kWとか冷暖房能力別にランキングが
載っている。

まだ機種を選定する必要はないので、とりあえずは、ここをブックマークするだけでいい。

ちなみにこれは、(財)ECCJ省エネルギーセンターというところが作っている。
名前にもあるとおり、省エネを法人がやっているので、
内容も豊富だ。この辺は、次回のネタにとっておこう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

結局、4月に引越しすることにした

  • 2009/01/27(火) 23:15:01

先週の金曜日は、セイキへも行ったが、
時間が1時間くらいあったので、不動産屋にも行った。
マンションの売却のためだ。

以前のブログで、
やることが多すぎて、とても自宅の内覧ができないから、
夏に引っ越すように決めたと書いたが、
「マンションの内覧を4月に引っ越したあとにすれば?」
という折衷案が浮き上がり、またくすぶっていたのだ。

とりあえず、知り合いの不動産屋さんから教えてもらった不動産屋へ行ってみた。

結構大きな建物だ。単なる不動産屋ではなく
事業内容も「総合不動産業、設計・施工」となっているので、
家も造っているようだ。

一通りのやり取りの後、
「ちょっと5分くらいお待ちいただけますか?」
と言って、担当者が席をはずした。

10分くらい待っていたら、
「お宅は、ここですね」
「ちょっと情報が古いのであれですが、現在の相場はxxxx万円くらいですかね〜」
前回他の会社で扱った時の売出価格、売却価格、間取りとか
細かい情報もバッチリ載っている。
やっぱ最近はすごいんだな〜、と感心した。
(むかし、ネットがなかったときは、ほとんど運だったと思う)

価格は予想通りで、希望からは1.5割くらい安い。
このご時世しょうがないような気がする。
これが、売却が半年過ぎたらもっと下がると思うし


まだ、不動産屋には言っていないが、売却をお願いすることに決めた。
来週は、引越し先を探しに行く。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
↑たまには押してみるか?

設計事務所は施主の味方

  • 2009/01/25(日) 23:47:39

今日は久しぶりの打ち合わせだった。
本体部分については、ほとんど決まってきたので
概算見積もりと、暖房について再度打ち合わせをしたのだ。

概算見積もりだが、当然のごとく、合計から見る。

ギョ!

当初の予算からは400万位オーバーだ。
結構広さを削ったはずなんだけどなあ〜
おっかしーなあ〜

まだ、設計事務所による概算見積もりなので、
あくまで、経験からくる概算だ。(だから、本番時にぶれることは当然ある)

なので、まだ当然金額に対して
「おたく、高いんじゃない?」
とか、
「ここをこうして安くして!」
とか、そういう価格交渉とかはまだこれからである。

ちなみに、設計事務所に設計してもらう場合、
工務店への見積もりとか価格交渉などは設計事務所がやるので、
「価格がわからないのでボラれるんじゃないか?」
とかそう心配はなくなる。
なので、設計事務所に設計を依頼するというのは、精神面ではかなりよい。

もっとも、ブログタイトルにあるとおりオープンシステムという分離発注方式で家を建てるのは、

「金額がオープンになるから」

という理由なのだ。(もちろんデメリットもないわけではないが)
いわば設計士は施主の弁護士みたいなもので、施主の味方なのだ。


今回も、予算内に収まる案も作ってきてくれたので、
1つ1つ仕様を確認しながら精査していく。

仕様を下げたり、なくてもよいものは省くことで
やっと、なんとかなりそうな感じだ。
つぎは、住宅ローンの審査さえ通れば....って感じ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

フィルター網戸

  • 2009/01/24(土) 22:51:09

せっかくセイキへ行ったのだから、ほかのものも見せてもらう。
セイキは知らなかったが、網戸でも有名らしい。

なかでも、スグレモノは「フィルター網戸」だ。

帝人のクロスキャビンというフィルタースクリーンと
防虫ネットの2重構造になっていて、
花粉を80%以上カットし、雨も入らない。
なので、安心して窓を開けることができる。(横殴りの雨はだめらしい)



WBSのベスト・オブ・トレたまでも、視聴者賞を受けている。
動画を見ても、シャワーの水が入ってこないし、
花粉の入り方もぜんぜん違う。

いまのマンションの網戸は何度か取り替えたが、
黒い網戸にするとぜんぜん視界がちがうので黒がいい
(少なくともグレーよりはぜんぜん違った)


網戸は通常は標準でつくものかと思っていたが、
ブログなどを見ていると、標準じゃないところも多いらしい。
気になる人は、確認すべし!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

ハニカムサーモスクリーンを見てきました

  • 2009/01/23(金) 23:59:48

23日はシフト勤務だったので、念願の
ハニカムサーモスクリーン」の実物を見に行った。

セイキのショールームは東所沢なので、車で10分くらいだ。
予約が必要なので、9時に予約を入れてから行ってみる。

行くと、そこはショールームというより、
事務所と工場の片隅に展示してあるような感じだ。

中に入り電話をすると、5,60代位の方が出てきて説明をしてくれた。

↑これは、ツーウェイタイプで上下を開けることができる。

ハニカムサーモスクリーンは、断熱効果がグンと上がるので、結構評判がいいらしい。
説明してくれた人は
「シングルガラスがペアガラスに、ペアガラスがトリプルガラスになるようなものですね」
とわかりやすい説明だ。

性能はよさそうなのだが高いのが難点だ。
価格は、オーダーカーテンと同じくらい。
高いのは、スクリーンの部分はアメリカの特許で
輸入しているからだそうだ。

「これは、後から自分でも付けられますか?」

「簡単に取り外せるようになっているので、自分で付けられますよ。
とりあえず1つ付けてから追加で注文される方も結構多いですね」
と自信ありげだ。

自分でつけるといっても、ドリルなどの簡単な工具は必要そうだ。
でも、気に入ったら自分で後付けすればいいのだから、
とりあえず、試しに1つだけ付けてみるか?

カミさんも結構気に入ったらしく、
一番大きいダイニングの窓に付けたいみたいだ。
定価で15万円くらいになるよ>カミさん
ちなみにネットでは33%引きくらいなので、10万円也
やっぱ、ちょっと高すぎか?

でも、評判はよさそうだし。。。。迷ってる...

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

中庭の窓

  • 2009/01/22(木) 21:32:40

プロフィールにもある様に、中庭を作る予定だ。

当初の中庭のイメージでは、
デッキがあり、全開口の窓があって、
リビングの延長のようになっていて
そこにはシンボルツリーがあり、
夏は葉が繁って日差しをさえぎり、
冬は葉が落ちて日差しが入ってくる。
そして、格子を付けてクローズドにもできる。
そんな感じだ。


なーんて、思っていたのだが、
シンボルツリーは
「大きいのは、基礎を壊す可能性があるので、やめたほうがいいですよ」
たしかに、街路樹でもその辺の土が盛り上がっていたりするので、
やめておいたほうが良いのかもしれない。

もうひとつは、全開放の窓だ。

↑こんなやつ

これは、別に悪いとかそういう問題ではなく、
全開放できる季節というものは、
春と秋のほんの一時期だけだということ。
つまり、ほとんどの季節は閉じているのだ。

そして、こういう折たたむ形式の全開放の窓は
ほかの窓に比べると結構枠が気になる

なので、こちらにしてはどうですか?とのこと



こっちのほうが、外の景色も良く見えるような気がする。
なので、こっちに変更してみた。


実はこのサッシのメーカーは新日軽なのだが、
偽装もあったので、YKKAPにしようかなあ〜

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
↑たまに押してみるのもいいかも?

マイホームが危ない〜外来シロアリの脅威〜

  • 2009/01/21(水) 00:00:01

19日にNHKで「マイホームが危ない〜外来シロアリの脅威〜」っていうのをやっていた。

見ると、「アメリカカンザイ(乾材)シロアリ」についてだった。
たまたま、数日前にコメントでiBookさんが教えてくれていたので、
知ってはいた。(iBookさんありがとうございます)

このシロアリの特徴は、名前のとおり乾燥した木材
(家の柱や天井裏の梁、枠材さらには家具や建具まで)を食い荒らす。
空から飛んできたり、輸入家具の中に入っていたりするので、
ヤマトシロアリとかイエシロアリの対策のように、
床下だけ注意すればよいなどという、従来の駆除方法が通用しない。


では、本家アメリカではどうしているのか?

というと、博物館のように燻蒸をして駆除するらしい。

↑家全体に殺虫ガスを送り込むため、家全体をテントで覆っている

これが一番良いらしいが、日本では家屋が密集しているので、
安全の確保がむずかしいから、あまり行われていないらしい。
なので、早期発見しか打つ手がないそうだ。


↑これが見つかったら必ずいるそうだ

「どうしよう!、鉄骨にすれば大丈夫かなあ?」とカミさん。
すごい過剰な反応だが、これから建てる家がシロアリにやられたら
と思うと過剰ではないかもないのかもしれない。
とにかく、気をつける?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

三井アウトレットパーク入間へ行ってきた?

  • 2009/01/20(火) 07:28:59

日曜日に入間までちょっと出かける用があったので、
そうだ、せっかくだから「三井アウトレットパーク入間」へ行ってみよう!
と思い、16号を走る。
最初はまあまあ良かったのだが、
だんだん左車線だけが、混んできて
ピタッと止まってしまった。


やっぱ、だめかあ〜


そろそろ大丈夫かと思っていたのに、甘かった。


のどが渇いたので、ニトリでちょっと休憩。(ニトリで休憩すんなよ!)
ジュースを飲んで、一息ついてから
199,000円のキッチンを確認
148,000円のバックカウンターも確認
値段の割にはイイけど、もうキッチンの選定は終わってる。

ほかの家具などは、こどもたちが見せてくれませんでした....orz

そのあと、再度渋滞に挑戦!


結局、高速出口の前辺り(あと700mくらい)で断念しました。
いつまで混雑してんだよ! ったく

しかし、周りの家はもっと大変らしい。
大渋滞で、身動きが取れなくなることも!
やっぱ、川島あたりに作ればよかったのに...(何にもないから)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

TVボードはパモウナで

  • 2009/01/19(月) 21:58:59

パモウナのカタログが届いた(にゃん太郎♪さん紹介ありがと)
パモウナというのは、ヨーロッパぽい響きだが日本の会社だ。
ローマ神話における「果実や果樹の女神」のポモーナに由来しているらしい。


なかなかよさそうなので、取り扱っているShimachuへ行って見た。

キッチンはすでに決まっていたので、リビングを見てみる。
残念ながら1種類しか置いていない。
見てみると、品質は良いみたいだし、高級感もある。
しかし、展示してあるものはちょっと重厚感があり、
「うちには、合わないよね〜」

でも、高品質なのはわかったので、
ゆっくりとカタログで調べることにする。
カタログには価格は載っていないが、
ディノスでも扱っているし(全部ではない)

ところで、今回カタログをみていてわかったのだが、
ブルモーションというのは、オーストリアの家具金具メーカーの
blum社が作ったから「ブルモーション」っていうことがわかった。

ブルモーションとは「ゆっくり閉まる」という動きをつくり出す機構のことだ。
引き出しや扉をポンと閉めてもブレーキがかかり、ゆっくりと閉まってゆく。
閉める時の音が静かであるので、とても高級感がある。
一度これを体験してしまうと、
ブルモーションのない引出しではもうガマンできないほどだ。


というわけで、TVボードはパモウナに決めた。(早すぎ)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
↑たまに押してくれると、うれしいです。

OMソーラーもどき案

  • 2009/01/18(日) 00:41:17

昨日のつづき

じゃ、基礎断熱の床下暖房ってどうするんだ?[記事] (床暖房じゃなく床下暖房です。念のため)

実際に本に載っている床下暖房の案では、いくつかあるのだが、
(1)蓄熱暖房機については、深夜電力を使うのだが料金も5年前の2倍になっているので、
安いわけではない。また制御性がいまいち、COPも1だ。

(2)FF式ファンヒーターについては、灯油なので、補給がめんどうだし、
オール電化にならなくなる(割引が受けられないという意味)
また、高騰したら?とも思う。



この件で設計士さんと電話で直接話したときに、
ソーラーウォールも入れることになっているので、過剰設備になる」
というのもあった。


あっ!

ソーラーウォールから出てくるの暖かい風を床下に入れて、
ガラリから吹き出せば、いいんジャマイカ!
そうすれば、初期費用だって変わらないし、ランニングコストも
ただみたいなもんだ。
もちろん、曇りとか雨とかのときはそれほど期待はできないかも
しれないが、そこはエアコンで補えばいいし。


考えてみたら、これってOMソーラーから給湯をはずしたようなものじゃん!
(OMソーラー:屋根が受ける太陽熱で空気を温め、床から建物を温めたり、水からお湯をつくったりする)

最近は、OMソーラーも流行っていない?らしいのだが、
7年位前に、家を建てるならOMソーラーを入れたい!って思っていて、本を買ったり、見学会に行ったりしてた。

夢がひとつ実現したような感じで、チョットうれしい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ