照明をはずすのも電気屋?

  • 2009/04/30(木) 21:05:21

引っ越すときに、メインの照明は当然持っていくつもりでいた。
今まで何度か引っ越したが、照明は自分で買って取り付けたので
それが当たり前だと思っていた。
(もちろん、ダウンライトなどは別)


さて、引越しの当日
引越し業者さん、
「ご主人様、ちょっとよろしいですか?」
「この照明なんですが、ちょっとこれは電気屋じゃないとはずせないです」

「ええええええーーーっ!そうなんですか?」

確かにこの照明は、ここのマンションを買ったときに
オプションでつけたもので、ローゼットとかそういうのではなく
しっかりと据え付けられているのだ。


そのまま付けておいても、まだ自分のマンションだし、
そんなに遠くないから、いいけどさ、
遠くへ引越しだったら、どうすんの?
ちゃんと見積もっておいてほしかった...
たのむぜ、アリさん



幸い、引越ししたマンションには、
多分同じ理由で照明がいくつか残されていたので、
はずして持っていったものだけで何とかなった。
でも、おかげで我が家の照明は、ちぐはぐな照明に...

まあ、あくまで仮住まいということで、よしとしよう。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

水周りは大事!

  • 2009/04/28(火) 21:31:15

引越しでしばらく休んでいて、このままフェードアウトしようか?
とも思ったが、何も書いていなくても読んでくれている人がいるらしい。
30人くらいは読んでいるようだ。
更新しなくても読んでくれるなんて、信じられんが。


家を建てるのは、まだマンションが売れないのでメドがつかないが、
転居してみて気づいたことでも書いてみる。

転居して、1週間になった。
最初はあまり良いマンションとは思っていなかった。
できれば、住みたくないと思っていた。
というのは、水周りがあまりきれいじゃなかったから...

・キッチンの水栓から水が滴るし
・トイレもきれいじゃないし、ウォシュレットじゃないし
・お風呂もちょっと
って感じ。


給湯設備も、不動産屋さんから、
「ガスの開栓してもらうときに確認してもらってください」
といわれていたので、実際に見てもらう。

「これは、ダメですね〜。
こういう音(すごい音)がするときは、もう、寿命なんですよ。
交換してもらったほうがよいですね」


というわけで、給湯設備一式交換ということに。
賃貸なので、当然オーナーが負担するので、懐は痛まない。



さて、給湯設備と水栓を交換すると、
いままで、イヤだったものが、見違えるようによく見えてきた。
水漏れもなくなったし、きれいな水栓を見ると
新しい家に住んでいるような錯覚を起こす。
(壁紙とか、畳も新しいし)


トイレだって、ちゃんと掃除したらきれいになった。


やっぱ、水周りは大事なのだ。


まあ、とりあえずは、良かったということで。
ネタがないので、当分この種のネタかも!?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村