そしてローンだけが残った

  • 2009/05/31(日) 07:29:37

5/27日のクローズアップ現代を見た。
タイトルは「そして、ローンだけが残った」である。

全国で住宅メーカーの経営破綻が相次ぎ、
マイホーム建築中の人々に被害が拡大している。
注文住宅の建築では多くの場合、建築主が多額の建築費を前払いしているが、
建売住宅やマンションなどのように前払い金を救済する法律が整っていない。
このため、払った金は戻らず、残されるのはローンと家の土台や骨組み、
まだ更地というケースも続出しているらしい。

以前にマンションを買ったときは、5%の申込金は払ったが、
残りについては、カギの引渡し時に、
不動産会社の本社でハンコ突き回った覚えがある。
(お金を支払ったという感覚はあまりなかった)

注文住宅では一般的に契約時、着手時、上棟時、引渡時に
1割、3割、3割、3割を支払うという商習慣があるらしい。
建築期間が長いので、中小企業の場合、これは致し方ない。
今回、アーバンエステートでの被害が大きかったのは、
値引きをすることによって前払いさせたことが大きい。

実は、私も注文住宅を検討したときに、「アーバンエステート」を
検討したことがある。
この会社の謳い文句は
・248000円/坪
・桧4.5寸
・60年保障
・オール電化
・インターネットで現場を見れる
・モデルハウスは持たないで、実際に住んでいる家を見せてくれる。
などだが、これだけを見ると何気によさそうな気がする。

被害にあわなくて済んだのは、「2ch」のおかげかもしれない。
アーバンエステートのスレを見ると、
施主側の意見はあまりなかったが、業者側から見て、
あまり良い会社ではないということをと感じていたし。
ついでにいうと、ソーラーサーキットのT建設のクレゾール事件も知ることができた。
(会社・職業>建設住宅業界)
もちろん、玉石混合だが、情報は多いほうが良い。


オープンシステムによる分離発注の場合、
支払いは面倒だが、すべてが各業者の出来高払いになるので、
前払いというリスクは避けられる。
(ただ、金融機関は分割融資はせいぜい2回くらい。また、保障という面のリスクはないでもない)


番組でも言っていたが、家を手に入れる場合
・建築の知識(建築士)
・金融の知識(ファイナンシャルプランナー)
・契約の知識(弁護士)
が必要だが、
それぞれをそれをトータルでアドバイスしてくれるシステムが
あればいいと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

地元探検隊

  • 2009/05/23(土) 06:23:35

夜中に目が覚めたので、起きていろいろやっているうちに朝になってしまった。
この時期の朝は気持ちがいいので、あることを思いついて、外へ散歩に出た。

あることとは
「探索」である


実は、家の近くにある建築士が住んでおり、ブログを書いている。
近くに住んでいるということもあり、よく読んでいるのだが、
最近、事務所を借りて近くに移転したらしい。
ところが、もとの住所は書いてあるのだが、新しい住所は書いていないのだ。

なので、ブログのキーワードと1枚だけの写真から
場所を突き止めようと思ったのだ。
(もちろん、突き止めて何かしようとは思っていない)

以前にも、ドリームハウスで放映したふじみ野の家を探したことがあるが(記事)、
推理して見つけるのは、なかなか楽しい。


実は、この件はかみさんが先で
「この辺だと思って行って見たんだけど、ないんだよね〜」

私も、会社帰りに遠回りをしたり、GoogleMapで探してみたが、
それらしい場所には建物がなかったり、謎だったのだ。


キーワードは
・3階にある
・近くに駐車場
・公園が近い
・桜の木がある
・駅から5分くらい
・8階建てのマンションが見える(写真より)
これくらいだ。


散歩に出かけてみて、近くをぐるっと回ったが
やっぱり見つからなかった。
当りをつけていたマンションは7階建てだったし、
屋根の形が写真のものとは違っていた。


家に戻って、今度は唯一の写真を印刷してから、再度、挑戦してみる。

そういえば、駅前にも新しいマンションがあるし、公園もあったのだ。

近くまで行ってみる。
「おおっ、8階建てで、屋根の形も同じだ!」

3階建て以上のマンションを探す。
「お、これか?」

ぐるっと回ってみて、表札を見てみる。
「やったあ、あった!」


結局、写真に写っていたマンションは、
会社へ行くときにたまに通っていたマンションだった。
公園は、線路をはさんで反対側にあるため、
盲点になっていたのだ。


やっと謎が解けて、朝からスッキリ爽快!


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

24時間換気システム

  • 2009/05/17(日) 20:47:53

先日の世界一受けたい授業(日本テレビ系 2009年5月2日)は、
結構おもしろかった。

人が体に取り入れる物質というのは、
室内空気 57%
飲料  8%
食物  7%

室内空気は約6割をしめるのに、
日本人は、飲食物には安全を求めるけど、
家の空気には無防備

欧米では暖房重視の閉鎖型住宅が発達しているので、
換気が習慣になっているが、
日本では建物だけが欧米化しており、高気密・高断熱化が進んでいる。
そのため、換気の重要性が後回しになり、
建材の化学物質が原因で化学物質過敏症が問題となって
2003年に24時間換気システムが義務付けられることになった。

    
ということで、部屋の換気は非常に重要とのこと。
重要だとは思っていたが、それ以上に再認識させられた。


さて、換気の方法であるが、
・24時間換気をする
 最近のファンは非常に性能が良くなっているので、
 電気代もそれほどかからず、1日中つけても1ヵ月300〜400円。
 水を買うと1本100円はするので、きれいな空気を吸おうと思って
 300円出すのは、それほどの値段ではない。

・居間に給気口があればそれを開ける。
 もし給気口がなければ、窓を5mm開けて給気する。

と赤林伸一先生は言ってた。

もっともで、そうしようと思うのだが、
この季節は、24時間開けておいてもいいのだが、
やっぱ、冬になるとそうも行かないような気がする。

そうすると「熱交換型」にするしかないんだろうか?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

新居もなかなか快適!

  • 2009/05/14(木) 21:58:04

前と同じようなマンションに転居したので、
間取りはほとんど同じなのだが、
細部でいろいろ違いがある。

新居の方が優れているもの
・部屋のドアのグレードが高い
・水圧が高い
・玄関が凹んでいるので通る人の邪魔にならない
・鍵の仕様が高い(旧居はピッキングされやすい鍵)
・浴室のグレードが少し高い
・浴槽の材質が良い(FRPではない、何なんだろう?)
・カーテンレールがラウンドしている
・キッチンのシンクが広い
・キッチンの戸棚の戸が耐震ロック付き
・洗面所にシャワー水栓が付いている
・洗面所のトップがつなぎ目のない人造大理石
・リビングの掃きだし窓が1枚ガラスの網入り

旧居のほうが優れているもの
・眺めが良い
・立地が良い
・日当たりが良い
・部屋の梁、柱などで凸凹していない
・3年くらい新しい
・洋室にもエアコンのスリーブがある
・カーテンレールカバーが付いている
・チョットだけ収納が広い
・洗濯物が良く乾く

こう見てみると、グレードは新居のほうが高いのだが
環境は旧居のほうが良い(旧居は環境で買ったのだから当然だが)

前のマンションを買うときは、ほとんど立地条件と金額だけで買ったのだから、
このように細かいところは、全然知らないで買った。
仮に知っていても、「じゃ、ここだけ、鍵を替えてください」と言うわけにもいかないし、
こだわっちゃうと自由にならない分、マンション選びはむずかしいですね。


そう考えると、内覧時の変なにおいもしなくなったし、
壁紙とか、畳とかも新しい分、新居もなかなか快適だ。
いっそのこと、買ってしまおうか?
(ここなら、ローン組まなくても買えるかも!?)


とも思ったが、やはり子どもたちにも部屋を与えなきゃ。
息子は、早く家で「太鼓の達人」をしたいらしい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

本当に必要なものってそんなにない

  • 2009/05/12(火) 20:54:29

新居になって、少し快適になってきた。

あれだけ物があふれていて、どうしようもないくらいだったのが
結構余裕がある。
なぜか?

実は、本、CD、衣類など取り急ぎ使わないものは、
ダンボールのまま、実家の倉庫に保管してあるのだ。
当然その分部屋が広く使えるし、新築したらそのままダンボールを運べばよい。


こうやってみると、
「本当に必要なものってそんなにない」
ということが、わかってきた。
今までは、使っていなくても壊れていないものは棄てることは
できなかったが、
今では、使っていないものは、じゃんじゃん棄てる。
これって、意外と気持ちいい!


なんか、老後の身辺整理みたいになってきたな

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

プラスチックは洗って捨てる

  • 2009/05/11(月) 22:08:34

ゴミの分別は自治体によって違う。

ふじみ野では、プラスチックは、
・やわらかいプラスチック
・かたいプラスチック
に分別して洗って出していた。

熊谷市では、燃えるゴミと燃えないゴミの分別はあるが、
プラスチックは燃えるゴミだ。
焼却炉が高温に耐えられるのであれば、ダイオキシンも発生しないだろうから
無理に分別する必要はない。
熱としてリサイクルしているのだから。

カミさんは、いまだにプラスチックは洗ってから捨てている。
うーん、わかるような気もするが、意味ねーかも?


そういえば、この前CoolJapanでやっていたのを思いだした。
イタリアでは、日本よりもっと分別が厳しく、
違反すると罰金、調査員が来て調査するらしい。
スペインも燃えるゴミでも、生ゴミは別。
ロンドンでは、分別しないとか?(そんな面倒なことはできないらしい)
ドイツならわかるが、イタリア、スペインが分別しているとは驚きだ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ついにマンションが売れた

  • 2009/05/10(日) 17:24:51

さて、旧居の状況はどうなっているのだろうか?

お願いした不動産屋からの1回目の報告では、
「内覧の件数も多いですし、今後も頑張らせていただきます」

また2回目の報告でも、
「自宅が売れたら買います」という方がいるとのこと。(ヤッター)

その後は引っ越したので、不動産屋さんからいちいち
「これから内覧お願いできますでしょうか?」
と言う問い合わせもなくなったので、
ここ何日か、状況が把握できない状態だった。


と思っていたら、先週に
来週あたり空けておいてほしい
との電話が!

GWで何人か見に来たらしく、条件が折り合えば契約することになりそうだ。
なんと、「外国人からも買いたい」と言うのもあったらしいが
永住許可がないとローンは組めないらしい。(へえー)

もう少し高く設定すべきだったか?
とも思ったが、安く設定したから見に来るんで、
高く設定していたら来ないかもしれないし。


と思ってネタをとっておいたら、
昨日、買主の住宅ローンの許可が下りたらしく
本日売買契約してきましたぁ〜
ヽ(。ゝ∀・)☆・゚:*☆【ネ兄】;:*:;゚:*☆(。ゝ∀・)ノ

契約自体は30分程度で、あっという間に終了。
手付金もらって、領収証書いて、署名して印鑑押して
ちょっと、買主に挨拶して終わりです。
手際が良すぎるのか、意外とあっけないものでした。


引渡しは来月です。
よくわからないけど、
そのときは、銀行、司法書士などが集まって
ワーーーーっと手続きするらしいです。
ちょっと、面白そうな感じ?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ローコスト住宅が危ない

  • 2009/05/09(土) 12:40:55

新居になって、GWの最終日は図書館へ行って見た。
雨だからなのか、節約のためなのだろうか、結構混雑している。

図書館は、もともと我が家にとって利用率が高い。

家関係の本は、もう結構読んだので、
もういいかな?
なんて思っていながらも、
「ローコスト住宅が危ない」という本を借りてみた。

これを見ると、手抜きのテクニックが満載だ。(もちろん、手抜き指南本ではない)
読んでいて怖いと思ったのは、
ほとんどあらゆる場所で手抜きが可能で
そして、それがまた最終的には隠れてしまう。
施主からすると、見た目では全然わからない。


かといって、施主が現場監督のようにつきっきりになるわけにもいかないし、
そもそも施主はプロではないのでわからないことだらけだ。
そう考えるとやはり、
地元で信頼のできる工務店に依頼するしかない
と思う。


建築知識についても、ある工務店の社長曰く、
「知らないのもダメだけど、また知りすぎるのもあまり良くない」
らしい。

とにかく、安心して家を建てたいものだ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ウィンドウエアコンって

  • 2009/05/07(木) 21:13:56

今は季節が良い。
なので、エアコンをつけなくても良い時期だ。

エアコンは、先日の記事でも書いたが、
リビングのは引越してすぐに買い換えた。

もう1台は、旧居に置いてきた。
それは、洋室についていたのだが、以下の理由で残すことにした。
・ガス給湯器の設備と一緒に設置できるようになっている。
 →室外機が直接見えないのですっきりしている
・すでに製造中止している。
 →ほかの部屋を見てみると、壊れた場合はやむなく室外機を廊下に設置している。
・外して持っていっても、新居ではつけられない

さて、新居を見ると、
ベランダ側の部屋には、エアコン用の200Vのコンセントもスリーブもある。
しかし、廊下側の部屋にはコンセントはあるが、スリーブ(穴)がない!
じゃあ、いったいどうやってつけるのか!?
実際、ほかのうちを見てみても、室外機を廊下に置いているうちはない。
(通常、廊下は共用部分なので物を置いてはいけない)


管理人さんに聞いてみる。
「みなさん、廊下側の部屋のエアコンはどうされているんですか?」
「窓用のエアコンをつけているみたいですよ。xxx号室の方がそうですね」
「なるほど〜!」

窓用のエアコンがあるということを、すっかり忘れていた。
だいたい、まだ売っているのだろうか?
ググルと、コロナとかハイアールとかコイズミとか、一応あるが、
大手はもう製造中止のようだ。(そうだよな〜)


でも、ここで疑問がわいてきた。
xxx号室の窓を見てみるとそれらしいものがある。
しかし、他のうちにはほとんど設置されていない。
季節じゃないので、はずしておいているのだろうか?
それとも、一応ここは暑くて有名な熊谷市だが、
荒川が近くにあるので、さほど暑くないのだろうか?


夏になれば、この疑問は解消されるはずだ。
(後者であることを期待しつつ)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

タイル、屋根のサンプルは不燃ごみ?

  • 2009/05/06(水) 09:00:06

引越しするときに、ゴミとして捨てられなかったものが
・屋根のサンプル
・ベランダのタイル
だ。

屋根のサンプルは、燃えないゴミの日に出しておいたら、
しっかりとシールが貼られていて、そのまま残されていた。
結局、引越しのときにそのまま実家の倉庫へ運んだ。
まだ、役に立つかもしれないし。


ベランダのタイルはそのままにしておくのが、
マンション売却時にも好印象なので、一番いいのだが
大規模修繕で仕方なく一時的に撤去をしなければならなかった。

燃えないゴミとして出していいのか市に聞いてみたら、
産業廃棄物扱いになるので業者へ問い合わせてほしいとのこと。
業者に問い合わせてみると、
「プラスチックとタイル部分をはがす必要があるので、1万5000円くらいかかります」
といわれ、結局そのまま新居へ持っていくことにした。

せっかく持ってきたので、きちんと敷いてみる。
それなりに見栄えがするので、
「捨てなくて良かった〜」って感じ。

(ちょっと土で汚れているがご愛嬌ということで)


古いエアコンもやっと、引き取り業者が近くを回っていたので回収してもらう。
ついでに乾燥機も引き取ってもらうことに。
5000円也


捨てるにも、結構お金がかかるんですね。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村