打ち合わせ5回目 (ルナファーザー)

  • 2009/09/30(水) 00:20:06

壁紙は、一応健康のことを考えて、
調湿性のあるものにしたいと考えている。

当然、漆喰とか珪藻土とかがいいなあ〜と思っているが、
コスト面から無理そうだ。
でも、一番安いビニールクロスは調湿しないので、
それだけは何とか避けたい。


2、3日前に仕上げ表をメールでもらったとき、
壁紙は「ルナファーザー」って書いてあり、
とりあえず「よし」と思っていた。

今回はそのサンプルを持ってきてくれた。


サンプルをみると、ルナファーザー自体は下地であり、
本来は塗装をして仕上げるらしい。
もし、何も知識がなかったら、
「予算不足とはいえ、下地で仕上げぇ〜?」
みたいなことを内心思ったかもしれない。

でも、幸いなことに、先日の完璧な家の完成見学会で
ルナファーザーで下地のまま仕上げていたのを思い出した。
そこも、塗装はしていなかったので、
まったく同じということになる。


また、少し満足度がUPした。


参考)hpより引用
塗装下地壁紙ルナファーザーチップスは、天然素材で製造された「呼吸する壁紙」です。通気性・吸湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます。さらに、化学物質を使用していませんので、ホルムアルデヒドなどの人体に有害な物質の発生もありません。材料となる紙は再生紙を、木片は端材や間伐材を利用しており、資源の有効活用にも貢献しています。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

完璧な仕様

  • 2009/09/29(火) 00:51:12

まだ、決定する前のことだが、
毎週のように、完成見学会へ足を運んでいた。

その中で、ここは本物という家があった。

キーワードだけ羅列すると
高気密高断熱、無垢材の床材、スラブヒーター、漆喰の壁、
樹脂サッシ、ルナファーザーの壁紙、床下の高さ、基礎断熱etc


「基礎の断熱はどうなっていますか?」
「基礎も外側に断熱材を入れています」
「え?、基礎の外側に断熱材を入れると、シロアリの食害が出ませんか?」
「そうなんです。ですので、うちはガラス系の断熱材を使っています。
これなら大丈夫ですよ」
「へえ〜、そうなんですか!
そういうのがあるんですね。知りませんでした」

相当自信もあるらしく、
「先日も、わざわざ三重県の工務店さんが勉強にいらっしゃっていました」とか
「どのくらいの期間で、家は立ちますか?」
「今は、順番待ちの状態ですので、ちょっと時間がかかるかもしれませんね」

「坪単価というのは、あまりふさわしくとは理解しているのですが、
どのくらいになりますか?」
「だいたい80万台くらいになりますね」


お金さえあれば、きっと
「じゃあ、これでお願いします」
と言っていた。と思う。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチンが決まった

  • 2009/09/28(月) 00:26:11

その後、設計士さんから9/11にメールが届く。

サンウェーブからアミィという新製品が出て、
工務店向けの量産品で掛け率が低く抑えられており、
これなら、人造大理石(人工大理石、どっちが正しいの?)の
フラットタイプでも、なんとかなりそうとのこと。

せっかく、クリナップで価格を下げたのに〜と思いつつも、
週末に、さいたまのサンウェーブへ予約して行ってみる。

意外に人が多い。担当者も忙しそうだ。
前回入ったときは、自分たちしかいないくらい空いていたのに...


一応説明を聞いて、
かみさんは、やっぱりフラットな人造大理石が良いらしく
「これでいく」とのこと。
グースネック水栓、ライン取手もあるし、満足そうだ。


これでやっと、キッチンが決定した。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン クリナップ編

  • 2009/09/27(日) 00:35:33

クリナップへ行った。
もう、川越のクリナップを含め、6回くらいは行っている。

早速、見積もりをしてくれた担当者へ
「仕様を確認しながら、160万円に落とすつもりでお願いします」
と伝える。


なかなか落とすのが大変だが、
思い切ってバンバン落とす

・クリンレディのライトパッケージを選択
・バックカウンタのトップを人工大理石からメラミンへ
・IH調理器を施主支給へ
・バックカウンタの横の面材をなしに
・うきうきポケットをなしに
・洗エールレンジフードを普通のものに

それでも、
・水栓はグースネックに
・面材もクラスCにして、ライン取っ手に
それぞれアップさせた


最初はダメかと思ったが、
なんとか、満足のいく内容になり、結果を待つ。



そして、火曜日に結果がきました。
結果は、なんと135万円!
IHは10万円で見積もって、145万円

やりました!(祝)


でも、キッチンにはまだまだ続きがある。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

打ち合わせ4回目 キッチン

  • 2009/09/26(土) 00:03:43

打ち合わせ4回目、
設計士さんはキッチンの見積りも持ってきていた。

前回の案をベースに、今回の案でクリナップで見積りを取ってきてくれたようだ。

説明を聞くと、予算の関係上仕様を落としている感じだ。
・ワークトップがステンレス(希望は人工大理石)
・面材のグレードがD(希望はC以上)
・バー取手(希望はライン取手)
・水栓金具がごく普通(希望はスワン型)
・造作対面型(希望はフラット対面型)
かみさんだけでなく、「これじゃ、ちょっとね〜」って感じだ

で、見積りを見ると、定価ベースで187万円。
なんとこれをさらに160万円まで落とさなければならないらしい
(もちろん値引きは考慮してある)

ただでさえ、満足していないのに、さらに-27万円はきつい

でも実際どの程度なのか実物を見て確認して、
160万円に挑戦だ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

パモウナのキッチンを見に行く

  • 2009/09/25(金) 00:10:17

9/19 バックカウンターを探しにパモウナのある行田の島忠へ行ってみる。

パモウナは前回のとき川越店で見ているが、
今回は金額の上限がわかっているので、前回より少し現実的だ。

行って見ると、パモウナは置いてあったが、2種類しかなく品揃えは少ない。
なので、ほとんど値引き率しか参考にはならない。

店員にストレートに聞いてみる。
「ここは、だいたいどのくらい引いてくれるんでしょうか?」
「だいたい20くらいですね」
「パモウナは、むかしは安いキッチンが売りでしたが、
最近は、それに品質が上がってきて、トップメーカーですね。
うちでも1番売れています」とのこと
たしかに、品質は良さそうだ。

あとは、じっくり家でカタログを見るだけだ。
とはいっても、質感ははっきり言ってわからない。

面材もシンク側と異なることになり、
また、キッチンメーカーで50万の場合、
50%引きとすると実質25万なので、
それほど変わらないようにも思える。
よほど気に入らない限り、キッチンメーカーのになりそうだ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

打ち合わせ4回目(デッキとリビングの窓)

  • 2009/09/24(木) 00:32:06

9月6日、打ち合わせ4回目。
実は遡って書いていたら、2回目の記事と3回目の記事が
ごちゃ混ぜになって、わけがわからなくなっていました。^^;
なので、3回目を跳ばして4回目です。


間取りはほぼ決定して、
「これで行きます。ただ、デッキがちょっと狭いので、
予算が合いそうなら、デッキを広くして欲しい」
という希望を出してみた。

間取りには直接影響しないし、
予算が合わなければ、後回しにすることもできる。



でも、デッキの位置づけによって、
窓とかそのそばの置き畳の位置などその辺が変わる。
とのこと
なるほど、そうかもしれない。


リビングの窓は、天気の良い日は全開にしたい。というのもあるし、
そうじゃない季節は全開にしないので
枠があまり見えない窓にしたいと思っている。

じゃあ、どうする?
1.普通の引き違い
2.はめ殺し2/3で1/3が開くような窓
3.全開できるような折戸になっている窓
4.引き戸で外側に収納するような窓

1はもともとない。2があるし、つまんないから。
2は前の案で、もともと3がいいと言っていたが
「全開の時間とそうでない時間では、そうでない時間の方が多いので、
庭を見るのであれば2のほうが良いのでは?」
と設計士さんに勧められたもの
3はもともと中庭で提案を受けていたときの希望
4はテレビで見て、この方が良いか?と思いついた案


とりあえず4にしてみた。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

トステムへ行ってみた

  • 2009/09/23(水) 00:38:43

トステムへ行ってみた。

サッシ業者が、「トステムなら価格合わせできますよ」
と言っていたので、行ってみたのだ。
トステムなら、いろいろあるので、見ているだけでも楽しい。


一通りショールームを見てから、
「キッチンを見積もってほしいんですけど。
予算の上限が160万円ですので、それに合うようなグレードでお願いします」

「トステムでは、クレディアとヴィートワンの2つがありまして、
場合によっては価格が逆転致しますので、両方で見積りしましょうか」
ということで、両方で見積もることに。

テキパキと質問に答えてくれる担当者で、商品知識は完璧。
こういう担当者にお願いしたい。って感じだ。



2、3日して見積りが届く。
クリナップと同じ条件ではないが、同じくらいの見積りとなった。
トステムでも何とかなりそうだ。

でも、改めてバックカウンターの見積りを見てみると
なんで、50万とか60万とかするんだろう?
仮に50%で買えるとしても、もっと安くていいのがあるかも?
再度、パモウナなども考えて見ようか?
ということに

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

サッシの業者に電話した

  • 2009/09/22(火) 07:32:47

打ち合わせで、サッシの業者を指定したので、
私も面識はなかったが、連絡を入れておいた。

聞きたいことは
・サッシはどこのメーカーがよいのか?(価格性能面から)
・扱いが多いなどで、仕切りが低いのはどこか?

そうすれば、メーカーで悩むこともないし、
いまなら、設計にも反映できる。
また、指定の業者が扱っていないことで、
割高になることがなくなるはずだ。


聞くと
サッシはYKKAPが良いとのこと。
キッチンもトステムなら、安く入るらしい。
ということがわかった。


というわけで、
トステムのショールームへも行ってみることにした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

打ち合わせ2回目 その5

  • 2009/09/21(月) 05:40:24

今回の目玉は、広いサービスヤード。

単に囲ってあるだけだけといえばそうだが、
2階へ上がらなくても、1階に物干しができるし、
洗濯機の横からすぐに外に出ることができるので、
キッチンとは離れているけど、洗濯時の動線はものすごく短い。
子供たちが汚れて帰ってきても、そのまま風呂に直行できるし、
畑からの野菜もそこで洗うこともできそうだ。



前回のときは、1階の端から端まで歩いて、
階段を上り、ベランダに干す感じだったので、
「ちょっと、遠いんじゃない?」
って、感じだったが、
かみさんも、「いいよ、これで」って言ってくれてたこともあり、
充分に検討した結果の間取りなので、その時は良とした。



かみさんは、分離発注はいまだに不安?というか
工務店に一括発注した方がよいと思っているらしいが、
今回、再度前回の設計士さんにお願いすることにしたのも、
このサービスヤードの提案が大きいかもしれない。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村