東大総長の家は「魔法瓶ハウス」

  • 2009/02/23(月) 00:29:54

22日の新報道2000のコーナー、マネーコンパス「エコスペシャル」で
東大総長の小宮山邸をやっていた。

東大総長の小宮山さんは環境研究の第一人者で
熱心さのあまり自宅を改築したのだそうだ。
光熱費は年30万円下がって、月4000円となった。
(ということはそれまで年35万円、月3万円だったということか)



述床面積200m2(約60坪)なのに、エアコンは1台でよいそうだ。

普通よりはるかに分厚い断熱材で家を覆っているので、
外の空気が伝わることはなく、まさに

魔法瓶ハウス
さらに、暖房設備は人間自身。
人間は100Wの熱を出しているので、暖房はいらないそうだ。


↑発泡スチロールのようなものと言っていた。硬そうなので、ウレタンだろうか?

高気密高断熱の家なのだろうけど、
普通より断熱材が厚いとここまで節約できるということだろう。


断熱材はケチらないほうがよいということを再認識した。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する