あのひとはいま? 3x年ぶりの同窓会

  • 2010/08/16(月) 09:07:31

3x年目にして初めての同窓会に出席するために、帰省しておりました。

年がばれそうですが、まあよしとします。

あ、家の話ではありませんので。
家のことを期待しているひとは、skipしてください。



集合は、学校の前。
だれかいるかと思い、早めに行ってみる。
途中まで車で送ってもらったが、学校の前までは行かず、
近くで降ろしてもらった。


通学路を歩きながら昔を思い出し、30分前には学校に着く。
「あれ?誰もいない」
「間違えたか?、いや今日以外あり得ない」


30分経って集合時間になっても、誰も来ない。
さすがに、あせる。
唯一の連絡先に電話してみる。

「......でない......」



そのとき1台の車が駐車場に止められた。
もしやと思い聞いてみる。
「同窓会の方ですか?」
「そうです」
「今日ですよね?、16時かと思ってたんですが」
「ん?(と招待状を確認して)16時半ですね」
「わたしも、誰もいないんで不安でしたが、安心しました」
「ところで、誰ですか?」
「××です」
「おおぉ、○○です。おぼえてる?」
家も歩いて3分も離れていない場所にすんでいた同窓だった。


時間が近づくにつれ、ぞろぞろと、みんなも集まって来た。
まるで、顔当てクイズのように、
「だれ?」「わかる?」の連続。

そうしているうちに
「○○ちゃん(私のこと)、ちょっとちょっとぉ」
と手招きされるので、そっちへ行く

昔の彼女がそこにいた
「あ、会いたかった」

「ずーっと気にしてた」

「わたしも」

会えてよかった。わざわざこのために来てよかった。
お互い、今幸せに暮らしていることを確認して飲み会へ


ほかのみんなも、禿げたおっさんといかにもおばさんがいっぱい!
かと思っていたが
意外とみんな変わっていなくってびっくり。
テレビ番組でよくある「あのスターはいま?」みたいなを見ているよう。


中学時代の同期と飲むこと自体初めてだったので
思い出話、暴露話に花が咲き、
自分のしゃべるのもすっかり函館弁です。
翌朝まで飲んでしまいました。



しかし同窓会っていいですね。
年だってみんな一緒だから、気を使わなくていいし、
思わず、少し感傷に浸ってしまいました。


というわけで、せっかくこのような情報時代に生きているのですから、
連絡を取りやすいように、クローズドですが同窓会ブログを立ち上げます。
同窓の方は、乞うご期待!

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する